7割読めたらサイを投げよ!。そして、ブッシュ前米大統領の回顧録が出版、『胡錦濤は実務家』『プーチンは冷血』などと評価―英紙

順風「腹が固まってくる!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、7割読めたらサイを投げよ!っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

リスクに対する『危機』という訳語は実に奥深いものです

「結局教えてくれるんかい、それで?」

そこには、危険(デンジャー)と機会(チャンス)が同居しています

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

時を選ばず自分の意見を宣伝しようとしていたと回顧している!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、ブッシュ前米大統領の回顧録が出版、『胡錦濤は実務家』『プーチンは冷血』などと評価―英紙っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

2010年11月10日、英紙デイリー・テレグラフは、ブッシュ前米大統領の回顧録『Decision Points(決断のとき)』が9日に出版されたと報じた

「ほうほう。」

11日付で重慶晩報が伝えた

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。