GSX、仮想化環境の脆弱性評価を行う『クラウドシステム検査』。そして、『チェブラーシカ』原作者ビックリ? 日本の観客は『大人ばかり』

順風「クラウドシステム検査の提供価格は105万円から!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、GSX、仮想化環境の脆弱性評価を行う『クラウドシステム検査』っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

GSX、仮想化環境の脆弱性評価を行う『クラウドシステム検査』

「結局教えてくれるんかい、それで?」

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は10月12日、仮想化システムに特化した脆弱性評価サービス『クラウドシステム検査』の提供開始を発表した

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

特集『東京国際映画祭のススメ2010』!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、『チェブラーシカ』原作者ビックリ? 日本の観客は『大人ばかり』っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

開催中の第23回東京国際映画祭の特別招待作品映画『チェブラーシカ』と2本立ての短編『くまのがっこう〜ジャッキーとケイティ〜』が10月27日(水)、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、日本語吹替版でチェブラーシカの声を務めた大橋のぞみ、チェブラーシカ原作者のロシアの児童文学作家エドゥアルド・ウスペンスキー、ジャッキーの声を務めた松浦愛弓らが上映前の舞台挨拶に出席した

「ほうほう。」

2人の子役は、それぞれ演じた主人公のぬいぐるみを手に登場

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。