1250年不明の宝剣と判明 奈良。そして、台風 28日以降沖縄・奄美へ

順風「奈良県明日香村の飛鳥寺の塔(6世紀末)や奈良市の興福寺中金堂(8世紀前半)などで出土している!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、1250年不明の宝剣と判明 奈良っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

奈良市の東大寺・大仏殿内で明治時代に見つかった国宝・鎮壇具(ちんだんぐ)のうち2本の金銀荘大刀(きんぎんそうのたち)(ともに刃長約80センチ)が約1250年間、所在が確認されていなかった正倉院宝物の大刀『陽寶劔(ようのほうけん)』『陰寶劔(いんのほうけん)』だとわかり、同寺と元興寺文化財研究所が25日、発表した

「結局教えてくれるんかい、それで?」

陽寶劔、陰寶劔は聖武天皇(701〜756年)の遺愛品で、妻の光明皇后(701〜760年)が献納した後、正倉院から持ち出され、“幻の宝剣”となっていた

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

中心の南東440キロと北西300キロが15メートル以上の強風域!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、台風 28日以降沖縄・奄美へっていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

強い台風14号は26日午後、フィリピンの東海上を西北西へ進んだ

「ほうほう。」

気象庁によると、14号は勢力を強めながら北に進み、28日午後には沖縄地方に接近する

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。