村田製作所 2010年モデル『ムラタセイサク君 Type ECO』を発表。そして、地方6団体、地方環境税の創設求める 民主党PTヒアリング

順風「千葉県幕張メッセで開催される『CEATEC Japan 2010』の村田製作所ブースでも実演される!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、村田製作所 2010年モデル『ムラタセイサク君 Type ECO』を発表っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

株式会社村田製作所 <6981> は27日、同社のイメージキャラクター的な存在である自転車型ロボット『ムラタセイサク君』および一輪車型ロボット『ムラタセイコちゃん』の2010年モデルを発表した

「結局教えてくれるんかい、それで?」

今回の『ムラタセイサク君 Type ECO』は、『エコに貢献するソリューションを紹介する』をコンセプトに開発されており、最新の省エネ技術、センサ技術、通信技術と、機器の環境性能向上に貢献する部品を搭載

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

課税方法等課税制度の抜本的見直しを求めた!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、地方6団体、地方環境税の創設求める 民主党PTヒアリングっていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

全国知事会、全国市長会、全国町村会など地方6団体は5日、民主党税制改正PTのヒアリングに応じ、地球温暖化対策の観点から地方環境税の創設等による地方税財源の確保を要望した

「ほうほう。」

全国知事会は、現行の軽油引取税の当分の間の税率部分に代えて地方環境税(仮称)を創設することのほか、現行石油石炭税の課税段階で地球温暖化対策税を導入する場合には、その一定割合を地方税源化するよう求めている

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。