ツイッターでわざとウソ情報流す ワシントンポスト記者が停職処分。そして、ブエルタ・ア・エスパーニャ第17Sでニバリが首位に、

順風「といわれても仕方ないかもしれない!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、ツイッターでわざとウソ情報流す ワシントンポスト記者が停職処分っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

米ワシントンポスト紙(WP)のスポーツ記者が、ツイッターにわざと『ウソ情報』を流して停職処分となった

「結局教えてくれるんかい、それで?」

アメフトのスター選手に関する『スクープ』をツイッターに投稿したのだが、実際は何の裏づけもない情報だったのだ

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

最終日前日に最後の山岳ステージが行われる!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、ブエルタ・ア・エスパーニャ第17Sでニバリが首位に、っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

ブエルタ・ア・エスパーニャは9月15日、スペインのペニャフィエルで第17ステージの個人タイムトライアル(距離46km)が行われ、総合成績で33秒遅れの2位につけていたビンツェンツォ・ニバリ(25=イタリア、リクイガス・ドイモ)が、首位ホアキン・ロドリゲス(31=スペイン、カチューシャ)を逆転して1位に立った

「ほうほう。」

区間優勝はスロバキアのピーテル・ベリッツ(25=HTC・コロンビア)

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。