医療器具『オプティキュアスプリント』発売 アルケア 光当て骨折治療。そして、フェイ・ウォンとの結婚生活、夫リー・ヤーポンが語る―中国

順風「5年後に5億円の販売を目指す!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、医療器具『オプティキュアスプリント』発売 アルケア 光当て骨折治療っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

医療・福祉器具メーカーのアルケア(東京都墨田区)は、太陽光や照明などの光で材質が固くなり骨折治療などに使う医療器具『オプティキュアスプリント』を発売した

「結局教えてくれるんかい、それで?」

光の強弱などで固さを調整できるため、処置時間を医師ら医療従事者が自由にコントロールすることが可能で、災害現場でも使用できるという

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

『自分自身以外の何かのために歌うようなことにはなって欲しくない』と話した!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、フェイ・ウォンとの結婚生活、夫リー・ヤーポンが語る―中国っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

2010年9月21日、南方都市報によると、中国の人気歌手フェイ・ウォン(王菲)の夫で俳優のリー・ヤーポン(李亞鵬)がこのほど、ボルドーで撮影中の映画『将愛情進行到底』(愛は徹底的に)のロケの合間にインタビューを受け、妻フェイとの結婚について語った

「ほうほう。」

撮影中の映画は1990年代にテレビドラマとしても人気を博し、ヤーポンが主演を務めたが、それから12年後の現在、愛情に対する考え方がどう変わったか聞かれると、『若い頃は愛情がすべてだったけれど、成長とともに他にも大事なものごとが増えていく』とし、結婚と愛情については『愛情は2人の間のことだったり、どちらか一方のことですらある』

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。