世界遺産ハイマツなど切られる。そして、タッチデバイス時代の“スペースキー”を目指した『ATOK Pad for iPhone』

順風「『利用者のマナー向上を図りたい』としている!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、世界遺産ハイマツなど切られるっていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

世界遺産に登録されている北海道・知床の羅臼湖(羅臼町)に向かう木道沿いで、ハイマツなど100本以上の枝が折られたり切られたりしているのが分かった

「結局教えてくれるんかい、それで?」

環境省釧路自然環境事務所が22日発表した

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

実現させてください!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、タッチデバイス時代の“スペースキー”を目指した『ATOK Pad for iPhone』っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

今回、ATOK Pad for iPhoneの開発で中心的役割を果たした、コンシューマ事業部開発部の齋藤大輔氏、仁科伸一氏、本田浩章氏、金森照明氏、そしてコンシューマ事業部企画部長の佐藤洋之氏に話を聞いた(聞き手:林信行)

「ほうほう。」

――まずはATOK Pad for iPhoneの開発にいたる経緯を振り返りたいのですが、これはタッチパネルに対応したATOKとしては初めての製品、ということでいいのでしょうか?

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。