国産初のMRJ 製造段階に移行。そして、湘南ベルマーレと日立システム、Jリーグ公式戦でエリアワンセグ実験を開始

順風「米トランス・ステイツ航空から100機の受注を得ている!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、国産初のMRJ 製造段階に移行っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

三菱重工業の子会社、三菱航空機(名古屋市港区)は15日、開発中の国産初のジェット旅客機『MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)』が詳細設計の段階から製造段階に移行したと発表した

「結局教えてくれるんかい、それで?」

今後、部品メーカー各社の製造作業が本格化する

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

地域メディアによる『スポーツ交流を生かした地域活性化』を目指す!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、湘南ベルマーレと日立システム、Jリーグ公式戦でエリアワンセグ実験を開始っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

湘南ベルマーレ(眞壁潔代表取締役)と日立システムアンドサービス <3735> (日立システム、林雅博社長)は9月14日、共同で、総務省から選定された『ホワイトスペース特区先行モデル』として、平塚競技場におけるエリア限定のワンセグ配信(エリアワンセグ)実験を9月18日から開始すると発表した

「ほうほう。」

今回の実験は、湘南ベルマーレにおけるホワイトスペース特区先行モデルのフェーズ1として、まずは平塚競技場でのエリアワンセグを、関東総合通信局から実験試験局免許交付を受け、SEA Global、日立国際電気、Jリーグメディアプロモーション、スカパーJSAT、CWS Brainsの協力の下、Jリーグ公式戦の開催日に実施する

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。