厚生労働省がツイッター開始。そして、社会を変えるクラウドへの期待、情報セキュリティから見た現状と課題

順風「そちらの利用を推奨している!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、厚生労働省がツイッター開始っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

厚生労働省は10日、Twitter(ツイッター)の利用を開始した

「結局教えてくれるんかい、それで?」

アカウント名は『MHLWitter』(認証済みアカウント)

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

その中でデータを安全にやりとりするアプローチを採用した!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、社会を変えるクラウドへの期待、情報セキュリティから見た現状と課題っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

情報セキュリティ分野の国際的なイベント『RSA Conference Japan 2010』が9月9日、都内で開幕した

「ほうほう。」

同日の基調講演には、政府のICT政策のプロジェクトで要職を務める東京大学大学院情報学環の須藤修教授が、社会制度とクラウドコンピューティングや情報セキュリティの関わりをテーマに講演を行った

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。