メルセデス・ベンツ、Cクラスに400万円を切る低価格モデルを追加。そして、『12年後も現役です』ゴン節炸裂!

順風「仕様・装備を一部改良したCクラス(セダン/ステーションワゴン全モデル)の価格は据え置かれている!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、メルセデス・ベンツ、Cクラスに400万円を切る低価格モデルを追加っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

メルセデス・ベンツ日本は2010年8月23日、メルセデス・ベンツ『Cクラス』に車両本体価格399万円からのエントリーモデル『C200CGI ブルーエフィシェンシー ライト』(セダン/ステーションワゴン)を追加

「結局教えてくれるんかい、それで?」

さらに一部モデルの標準装備やオプション設定を充実して発売した

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

12月2日に開催国が決定する予定!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、『12年後も現役です』ゴン節炸裂!っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

日本が名乗りを上げている『2022年FIFAワールドカップ』の招致機運を盛り上げようと、『『ワールドカップを日本へ!』トークバトルin札幌』が6 月6日、札幌市内で開かれた

「ほうほう。」

地元のコンサドーレ札幌の中山雅史、宮沢裕樹両選手のほか、元コンサ選手で、チームのアドバイザリースタッフを務める野々村芳和氏がゲスト出演し、エネルギッシュなトークで500人が詰め掛けた会場を沸かせた

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。