清水崇が満島ひかり×香川照之×大森南朋で3Dホラー再挑戦!ヴェネチアで一部を上映。そして、SAP・Sybase合併後の戦略会見で感じた意外なポイント

順風「『ラビット・ホラー3D』は2011年公開予定!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、清水崇が満島ひかり×香川照之×大森南朋で3Dホラー再挑戦!ヴェネチアで一部を上映っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

清水崇監督が、満島ひかり、香川照之、大森南朋らを起用して最新作となる3D作品『ラビット・ホラー3D』を製作! その一部映像が開催中の第67回ヴェネチア国際映画祭にて上映されることが明らかになった

「結局教えてくれるんかい、それで?」

“3D元年”と言われる2009年、アジア圏初の長編デジタル3D作品となる『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』を世に送り出した清水監督

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

ライブ中継を取材する中で自分がそれとなく複雑な心境になったのが意外だった!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、SAP・Sybase合併後の戦略会見で感じた意外なポイントっていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

8月19日に米国マサチューセッツ州ボストンとドイツのフランクフルトで同時開催したのに続き、今回は中国をはじめ日本、韓国、オーストラリア、東南アジアなどアジアパシフィック地域を対象に行った格好だ

「ほうほう。」

会見を行ったのは、SAPの共同CEOであるビル・マクダーモット氏とジム・ハガマン・スナーベ氏、SybaseのCEOであるジョン・チェン氏、SAPアジア・パシフィック・ジャパン プレジデントのスティーブ・ワッツ氏の4人

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。