ピレリ、2回目のタイヤテストはフランスで。そして、ユニファイドコミュニケーションが社内情報共有にもたらす3つの相乗作用

順風「[オートスポーツweb 2010年8月24日]!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、ピレリ、2回目のタイヤテストはフランスでっていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

ピレリは、2回目のF1タイヤテストを、来週ポール・リカールで行うようだ

「結局教えてくれるんかい、それで?」

2011年からF1公式タイヤサプライヤーを務めるピレリは、17、18日、ムジェロでF1マシンを使った初めてのテストを行った

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

これからのコラボレーションツール活用の最大の秘訣(ひけつ)といってもよいだろう!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、ユニファイドコミュニケーションが社内情報共有にもたらす3つの相乗作用っていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

社内のコミュニケーションを円滑化し、業務効率を改善することはユーザー企業にとって永遠の課題といえる

「ほうほう。」

その実現のために、これまで多くのコラボレーションツールが登場してきた

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。