飲食店のフランチャイズは、海外進出の時代 CoCo壱番屋は、海外店舗数を5年で7倍に。そして、オランウータン ホースで救え

順風「成功の条件になりそうだ!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、飲食店のフランチャイズは、海外進出の時代 CoCo壱番屋は、海外店舗数を5年で7倍にっていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

カレーハウス『CoCo壱番屋』を運営する壱番屋は、現在40店の海外店舗を2015年末までに、271店に拡大する方針を明らかにしている

「結局教えてくれるんかい、それで?」

海外店舗網の拡大を決定した背景には、これまでの海外事業の成功で、日本のカレーが海外でも支持されることに自信を深めたほか、経済成長が続くアジアを中心に海外展開を加速させることで、事業拡大を図ろうという思惑がうかがえる

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

千葉県市川市にある市川市動植物園の水品繁和さん(43)の協力を得た!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、オランウータン ホースで救えっていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

森林伐採で生息地が分断され、種の存続が危惧(きぐ)されるオランウータンを救うためマレーシア・サバ州の河川に架設された『つり橋』を野生のオランウータンが渡ったことが確認された

「ほうほう。」

日本のNPO『ボルネオ保全トラストジャパン』(BCTJ、坪内俊憲理事長)が現地州政府などと協力して設置したもので、日本の消防ホースを再利用し、日本国内の動物園で培った飼育技術が生かされている

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。