IFRSと日本基準で異なる収益認識。そして、ピクサー、東映、ジブリ

順風「固定資産の会計処理について解説する!!!

満帆「うわっ、順風ちゃんやんか。もう急に、びっくりするがな。」

「いや今日はね、IFRSと日本基準で異なる収益認識っていう話を聞かせたろ思て。」

「あ、そうか。まぁ、詳しい教えてや。」

「いや、やっぱりやめとこ。」

「なんや!ワケ分からん奴やな。」

日本基準との差が多いことに加えて、現場の業務プロセスやITシステムへの影響も大きい

「結局教えてくれるんかい、それで?」

今回は、日本IT会計士連盟が2010年5月20日に開催したセミナー『情報システムに関わる人のためのIFRS入門』での公認会計士 五島伸二氏の講演を基に、収益認識の課題とITシステムの対応について解説しよう

「うんうん。」

「・・・」

「もしもし?」

「・・・」

「順風ちゃん、大丈夫か?」

『自分が5人いれば最高だと思っている』と評する!!!

「だーっ!話し噛み合うてない!さっきの続きは?」

「続きはこちらでござる。」

「アホか。そんな無責任な奴あるかい。」

「いや、今度はね、ピクサー、東映、ジブリっていう話や」

「ほう、そうか。今度はちゃんと聞かせてや。」

子供たちは歓声を上げ、大人たちはハンカチ片手に涙する

「ほうほう。」

公開中の米ピクサー映画『トイ・ストーリー3』は、過去2作にも増して子供も大人も楽しめる内容に仕上がった

「おう、そうか。それで?」

「以上!」

「以上て。続きは!」

「続きはこちら

「もう、やめさせて貰うわ」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。